ここがすごいぞ! 『キングオージャー』 キングキョウリュウレッド再登場! エクストリームキングオージャーが支配された!?

スキマ時間で読む! 『王様戦隊キングオージャー』ストーリーと見どころポイント【第40話】

テレビマガジン編集部

ヤンマの活躍でンコソパを奪還(huan)した第39話(hua)に引(yin)き続く第40話(hua)を、TELEMAGA.netが独自の視(shi)点で注目(mu)した「見(jian)どころ」と、本作ならではの「要(yao)チェックポイント」を紹介、本エピソードの魅(mei)力をあらためてピックアップ!

クワガタオージャーとキングキョウリュウレッドが再び共闘!

王様戦隊がピンチに陥ったそのとき、地球からプリンス=キングキョウリュウレッドが駆けつけた!  ©テレビ朝日・東映AG・東映 PHOTO/講談社
オージャカリバーの隠された能力を発動し、その限界を超えた力によって、王様戦隊は宇蟲五道化のひとり、ゴーマを倒してンコソパは奪還されました。

しかし、その反動で王様戦隊は満身創痍、その裏では五道化の座を手にせんとするラクレス・ハスティーの野心がうごめいていたのです。

ラクレスは宇蟲王ダグデド・ドゥジャルダンに対し、人間たちを憎しみ合わせて最後は邪悪王ギラによってチキューを滅亡に追い込むという筋書きを伝えたのです。

そのころ、王様戦隊たちは皆、意識を喪失しており、イシャバーナの医療チームによって搬送されていました。

そんなとき、シュゴッダムをゾンビ化したサナギムたちが襲撃してきたのです。

シュゴッダム国王の側近・ドゥーガもたちまち追い詰められたところ、サナギムたちが突然吹き飛ばされました。

吹き飛ばした主こそ、地球からギラたちについてきたミニティラ!

ミニティラは遠い宇宙まで響き渡るほどの雄叫びをあげたところ、眠っていたギラは目を覚まします。

シュゴッダムに駆けつけたギラはクワガタオージャーに変身してサナギムと対しますが、やはりダメージは大きく、思うように体が動きません。

と、そこへ空から飛来したのはキョウリュウジャーの巨大ロボがロケット型に変形したプレズオー、そして中から飛び出したのは獣電戦隊キョウリュウジャーのプリンスでした!

再会を喜ぶ間もなく、プリンスはキングキョウリュウレッドに変身、クワガタオージャーと共闘し、サナギムたちをなぎ倒していきます。

キングキョウリュウジンが巨大サナギムを一掃!

キングキョウリュウジンの必殺技で巨大サナギムを撃破!  ©テレビ朝日・東映AG・東映
そのとき、巨大サナギムが2体出現、すぐさまゴッドトンボ、ゴッドカマキリ、ゴッドハチ、ゴッドパピヨンが向かってきます。

ところが、シュゴッドたちはサナギムに向かっていくのかと思いきや、なぜかサナギムを無視してコーカサスカブト城の城壁を破壊しだしたではありませんか。

これにはギラ=クワガタオージャーもビックリ、シュゴッダムの民たちもこの世の終わりだと大騒ぎです。

緊急事態にキングキョウリュウレッドがガブティラにカミツキ合体を命じ、キングキョウリュウジンを召喚します。

キングキョウリュウレッドの命ずるままキングキョウリュウジンは必殺技を放ち、見事巨大サナギムを倒したのでした。

戦い終わって、ギラはあらためてプリンスに礼を言います。

プリンスの話によればあちらの地球はだいぶ平和になったとのことで一安心です。

ギラはプリンスとの絆を確かめつつ、チキューのことは自分に任せろと、帰還するプリンスを見送ったのでした。

これを見ていたダグデドは、ハッピーエンドにご立腹の様子です。

すかさずラクレスがこれは準備にすぎないと、ダグデドをなだめます。

ラクレスはまたよからぬことを考えているようですが……。
次のページへ エクストリームキングオージャーがゾンビ怪ジームを撃破!
21 件