【3歳むけ】子どもに本当にウケる絵本ランキング「げんき絵本大賞」1位~5位

子(zi)育(yu)て中の親(qin)1000人が子(zi)どもの反(fan)応を見て選んだリアルランキング #10

げんき編集部

本当に子どもに受ける絵本とは? 「絵本大賞」3歳部門ランキング結果発表

講談社の子育て雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いない いない ばあっ!」の3誌において、読者アンケートによる人気絵本のランキング「絵本大賞」を開催しました。投票にはたくさんのご参加をいただき、誠にありがとうございました。

定番人気のあの絵本やお子さんのお気に入りの絵本、本屋さんで気になっていたあの作品は、何位にランクインしているでしょう? 皆様から寄せられたおすすめコメントはすべてホンモノ。リアルな子育て中の親御さんの声とランキングをぜひチェックしてみてください!
3冠達成(cheng)! みんな大好き、ずっと大好き

【3歳部門】第1位「だるまさん」シリーズ

「だるまさんが」(2008年1月)作:かがくいひろし
定価:935円(本体835円)/ブロンズ新社
「だるまさん」シリーズ
赤くて丸いだるまさんがさまざまな表情で楽しませてくれる人気作が、なんと【1歳部門】【2歳部門】【3歳部門】において堂々の1位に輝きました。膨らんだり伸びたりする「だるまさんが」、だるまさんの目や手など体の名前をおしえてくれる「だるまさんの」、いちごさんやばななさんなどお友達とのやりとりが微笑ましい「だるまさんと」の3冊。ページをめくるたびに笑顔があふれる、親子で楽しめるシリーズです。
実際に投票した保護者の方からのクチコミ

「小さいころも楽しめるが、今も楽しめる。小さいころは『だるまさんが』と読みながら一緒に体を揺らし、今は字はまだ読めないが簡単な文なので、覚えてるところを声に出して読みながら体を動かしている」(女の子ママ・30代後半)

「読み聞かせに合わせてゆらゆら揺れて反応してくれる」(男の子ママ・20代後半)

「文字が読めなくても分かりやすくおぼえやすいからか、自分で読んでいます」(女の子ママ・30代前半)

「初めて読んだときに大笑いし、今もお気に入りのようでしょっちゅう開いています」(男の子ママ・30代後半)

「だるまさんと同じポーズや顔をするのが楽しいようで、小さいころから何度も読み返しています」(男の子ママ・30代前半)

「体も使いながら読めるので毎回喜んでいました」(女の子ママ・40代)

「何回読んでも飽きません。親が読んであげられないときもひとりで読んで、ひとりで笑っています」(男の子ママ・30代前半)

「だるまさんも気に入っているし、この短文なのに何かがツボのようで毎日読んであげている」(女の子ママ・30代前半)

「動きに合わせて親子で揺れたりポーズとったりしています」(30代前半)

「自分で読みたがるし、反応もよい」(女の子ママ・30代前半)
成長してもだるまさんが好き
「赤ちゃんのときから読み聞かせていたけど、よく笑っていた。今では朗読してくれます」(男の子ママ・30代前半)

「読むと必ず笑ってくれる。2人目も気に入っています」(女の子ママ・20代前半)

「言葉がしゃべれないころから大好きで、何度も何度も読まされました。何度読んでも笑っていました。しゃべれるようになって、自分で読んでも同じように笑っています」(男の子ママ・30代後半)

「音が好きなのか、0歳のときから今にいたるまで飽きずに好んでいる」(女の子ママ・30代前半)

「ネットでも人気なとおり、ずっと飽きずに読んでくれる。保育園でも大人気とのこと」(男の子ママ・30代前半)

「擬音語のところが特にウケてました。『だるまさんが』のところで絵本を左右に揺らすと、娘も一緒に体を揺らして楽しんでました」(女の子ママ・20代前半)

「上の子たちのときから皆大好きな絵本で食いつき方がちがいます」(男の子ママ・20代後半)

「『だるまさんの』。顔の名称が分かるようになったきっかけの本の1つです」(女の子ママ・30代後半)

「1人でも楽しそうに『だーるーまーさーんが』と言いながら揺れて読んでいる」(女の子ママ・30代前半)

「どのシリーズもお気に入りで、だるまさんの絵に合わせて体を揺らして聞いてくれます! その姿がかわいいので、何度も読んであげたくなります」(女の子ママ・30代前半)
愛され続ける3冊シリーズ
ブロンズ新社担当者からのコメント
『だるまさんが』が出てから今年で15年になります。今回の受賞で、このシリーズが一過性の人気でなく、日々誕生してくるあかちゃんの心に触れるものをもっていることが、改めて認識でき、本当にうれしいです。言葉を話す前のあかちゃんたちが、お腹のそこから幸福感を感じているということなのでしょう。

月齢や性質で好みは少しずつちがうかもしれませんが、3冊シリーズでは『だるまさんが』が一番人気です。読んでも、かじっても、おどっても、好きなように、なんどでも存分にたのしんで、親子でいっしょに幸福な宝物の時間をつくっていただけたら、こんなうれしいことはありません。
成長(chang)していく仕掛けと色(se)合(he)いが人(ren)気

【3歳部門】第2位「はらぺこあおむし」

「はらぺこあおむし」(1976年5月)作:エリック・カール 訳:もりひさし
定価:1200円(+税)/偕成社
「はらぺこあおむし」
日曜日の朝生まれたあおむしはお腹がぺっこぺこ。月曜日にはりんごをひとつ、火曜日にはなしを2つ……とページが進むごとに食べ物を探しに進んでいきます。やがてさなぎになり、美しいちょうちょに変身! 色彩豊かな美しいページと穴の開いた仕掛けなど、子どもを夢中にさせる内容で長年愛されています。【1歳部門】2位、【2歳部門】3位とつねに上位の人気作品です。
実際に投(tou)票(piao)した保護者の方からのクチコミ

「大好きで1日に何回も読んでます。配色も鮮やかなので子どもとキレイと言っていました」(男の子ママ・20代後半)

「保育園で好きになって歌を覚えてきたので買いました。毎日読んで一番気に入ってるみたいです」(男の子ママ・40代)

「読むと真剣に聞いています。いろんな食べ物が出てくるのが楽しいです」(女の子ママ・30代後半)

「歌いながら読んであげると大喜びする」(女の子ママ・20代後半)

「家族みんなで歌いながら楽しみます」(女の子ママ・20代後半)

「何でも食べて大きくなって最後にはきれいな蝶になる。定番だけど子どもに『大きくなるためには食べないといけない』ということを簡単に教えられました」(女の子ママ・30代前半)

「0歳から今まで飽きずに楽しそうに読んでいます。幼稚園であおむしの歌も習ってから、さらに大好きみたいです」(女の子ママ・30代前半)

「歌をきかせたら覚えて歌いながら絵本を読んでいる」(女の子ママ・30代前半)
歌いながら楽しめる絵本
「私がもともと好きで子どもにも見せてあげたいと思って選びました。フルーツがたくさん出てくる場面でニコニコしていました」(男の子ママ・20代前半)

「最後のちょうちょになるところが大好きで、いつも歌いながら見ています。ちょうちょをパタパタしてあげると大喜びです」(女の子ママ・30代前半)

「子どもはたくさん食べてあおむしが大きくなったことを喜んでいました。ちょうちょになるページを何度も見て、『すごいねー』と言っていました。色づかいがとてもきれい」(女の子ママ・20代後半)

「0歳から3歳になった今でも大好きです。保育園で歌も覚えてきたので読みながら一緒に歌ってます」(女の子ママ・30代前半)

「何度も『読んでー』と持ってきてくれる絵本。あおむしが食べた穴が空いているのが面白いみたいです」(女の子ママ・20代後半)

「幼稚園であおむしの人形劇をしてくれるので、大好きになり購入した」(女の子ママ・30代前半)

「小さいころは食べ物の穴に指を入れて、最近はストーリーを楽しんでいます」(女の子ママ・30代前半)
次のページへ 3歳におすすめの絵本(ben)、3位~5位はこちら
56 件