「子どものおちんちん触りやシモネタは止めなくてOK!」泌尿器科医が教える注意すべき規準

ママ泌尿器科医・岡田百合香先生(sheng)「おちんちんの教科書」#3 ~トラブルや病気~

泌尿器科医:岡田 百合香

ママ泌尿器科医・岡田百合香先生の長女(1歳)は入浴時にパパとお兄ちゃんのおちんちんに興味しんしん。でも「止める必要はない」と言う岡田先生の理由は?(写真はイメージです)  写真:アフロ

子どもたちは、「うんこ・おしっこ・おちんちん」が大好き! 無邪気に発せられるそれらの言葉に、親たちは「下品だからやめて」「恥ずかしい!」とハラハラさせられます。

「特に、男児を持つママたちは、おちんちんでのおふざけや、触りグセに頭を抱えています。そして、『これってどうやったらやめさせられますか?』と相談に来られます」と語るのは、自身も2児を子育て真っ最中の泌尿器科医・岡田百合香先生。そんなときの先生のお答えは?

また、子どものおちんちんケアを担い、関わっていくうえで必ず知っておいてほしい「おちんちんの病気」についても聞きました。

※全4回の3回目(#1#2を読む)

PROFILE 岡田百合香(おかだ・ゆりか)
泌(mi)尿(niao)器(qi)科医(yi)。1990年岐阜県(xian)生(sheng)(sheng)まれ。2014年岐阜大学(xue)(xue)医(yi)学(xue)(xue)部卒業。愛知県(xian)内の総合病院泌(mi)尿(niao)器(qi)科に勤務(wu)する傍ら、助(zhu)産院や子育て支援(yuan)センターで乳幼(you)児の保(bao)護者を対象(xiang)にした「おちんちん講(jiang)座」や「トイレトレーニング講(jiang)座」、思春期(qi)の学(xue)(xue)生(sheng)(sheng)向けの性に関する授業などを行っている。男(nan)児(2018年生(sheng)(sheng)まれ)と女児(2021年生(sheng)(sheng)まれ)の母。

おちんちんはおもしろいもの?

男児を持つママから寄せられる悩みのなかには、子どもが「おちんちん」でのおふざけに困っているという声もあります。

「おちんちんがおもしろいコンテンツじゃないということを、どうやって今から教えていけばいいのでしょう、とよく質問されます。これは正直、わたし自身も摸索中です。

『プライベートゾーンで、大事なものだから人に見せない・触らせない』のは大前提。人が嫌がることをしたり言ったりするのもダメです。

でも、子どもがおもしろおかしくおちんちんの話をしたとき、あからさまに聞きたくないという態度をとるのは間違いです」(泌尿器科医・岡田百合香先生)

岡田先生は、子育てしやすい国としても有名なスウェーデンで保育士をしている日本人の方にインタビューしたときの話をこう語ります。

「スウェーデンでは女の子も男の子も、性器の名前を連呼してふざけまくっているんですって! そしてそれを、誰も注意しない。保育者や保護者は、ただ見守っているだけだと言います。もちろん、おちんちんについて誰かをからかったり、嫌な気持ちになっている子がいたら声はかけるそうですが。

子どもたちはただ、ふざけているだけ。『性器をおもしろいコンテンツとして扱うこと自体』は、ダメなことではないんです」(岡田先生)

子どものおふざけを「今すぐやめさせないと!」と考えすぎている保護者が多い、と岡田先生。

「そこまでやめさせないと、とどうして思うんでしょう? 下品だから? 恥ずかしいから? それって大人の規準や常識ですよね。子どもたちって興味があるからたくさん言うし、みんなで盛り上がるものなんです」(岡田先生)

おちんちんをタブー視することで、ネガティブなイメージを持ってほしくないと岡田先生は言います。

「だから『どうしたらおふざけをやめさせられますか?』については、やめる必(bi)要のないことなんじゃないかなというのが、私の今のスタンスとして思っていることです」(岡田先生)

おちんちんをよく触るんだけど大丈夫?

おふざけと同じように「おちんちんをよく触るからやめさせたい」というのも、ママたちのよくあるお悩みです。これについても「どうしてやめさせないと、と思うんでしょう?」と不思議がる岡田先生。

「親としては周りの目が気になると思いますが、前提として『自分のおちんちんを自分で触ること』は、まったく問題ないことです」(岡田先生)

「プライベートゾーンだから、人前で触らないよ」や、「バイ菌がつくといけないから、キレイな手で触ろうね」などの声かけはあってもいいと言いますが、触ること自体にはもっと寛容になっていい、と岡田先生は続けます。

「我が家の1歳の娘は、お風呂でお兄ちゃん(長男)のおちんちんを触るんです。おもしろいから、気になるんでしょうね(笑)。パパとお風呂に入っても、パパのおちんちんを気にしているんですって。

おちんちんって、身体のまんなかからピロンって出ている、ユニークな臓器。とっても気になるし、触ってくださいといわんばかりの形状をしています。子どもがおちんちんを気にしてしまうのは、当たり前のことです」(岡田先生)

大人が過剰に「触るのをやめなさい!」とキツい口調で言い続けると「おちんちん=汚い」というネガティブなイメージを持つようになってしまいます。

「もちろん他人の性器を触るのはプライベートゾーンのルールに反しているので、1歳の娘にも『お兄ちゃんのおちんちんはお兄ちゃんのプライベートゾーンだよ』と伝えます。

娘はまだ理解できませんが、お兄ちゃんの手前、しっかりと伝えることが重要です。そして、息子が嫌がるようならすぐに止めさせます。

ただ、大(da)人(ren)の行為と子どもの行為とを過剰にリンクをさせないことも大(da)切。大(da)人(ren)の方が勝(sheng)手におちんちんに対して抱いているタブー感を、子どもにも押し付けないようにすることが大(da)事です」(岡田先生)

就寝前などリラックスした状態で触っている子が多いよう。「安心できる自然の行為。公衆の面前でもないし問題ありません」(岡田先生)  引用:『泌尿器科医ママが伝えたい おちんちんの教科書』(誠文堂新光社刊)©こしいみほ
次(ci)のページへ 男親(qin)が知っておくべきおちんちんの病気とは?
17 件

今(jin)読まれている記事

健康・安全カテゴリーのランキング

コクリコのおすすめ記事

人気記事・連載ランキング