「ファストパス」は現在ない 激変の東京ディズニーリゾート事情

久しぶりに東京(jing)ディズニーリゾートに行く人必見! アトラクション情(qing)報

ディズニーファン編集部

【2022年5月アップデート版】

2020年にオープンした「美女と野獣“魔法のものがたり”」外観  (C)Disney

年々、その人気や注目度を高める東京ディズニーリゾート。けれど、近年はさまざまな影響もあり、なかなかパークに行けてない方も多いのではないでしょうか。

そんな久々にパークへ行きたい方に知っておいてほしいのが、東京ディズニーリゾートはここ数年で、新アトラクションや施設、システムが導入され、大きく様変わりしているという点。

そこで、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、2パークの全アトラクションの楽しみ方をまとめたの編集部が、今、体験しておきたい注目のアトラクションと、様変わりしたシステムを紹介。

「久々にパークへ行(xing)こう!」と思っている方(fang)必見の、最新(xin)情報をお届けします。

※この記事は2022年1月27日刊行の『東京ディズニーリゾート アトラクションガイドブック2022』の内容に基づいており、情報は掲載時から変更される場合があります

オープン以来大人気のアトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」。野獣の城を舞台に、感動的なストーリーが繰り広げられます。  (C)Disney

新たに代わって導入された「スタンバイパス」

現在のパークは以前と違い、さまざまな変更点があります。

特に数年ぶりにパークを訪れるという方に知っておいてもらいたいのは「ファストパス」が休止していること。

これまではファストパスを取って、次は……というようなスケジュールを組んでいた人も多いのではないでしょうか?

「スタンバイパス」と「エントリー受付」、そして「ディズニー・プレミアアクセス」が導入され、アトラクションやショーの楽しみ方も変わりました。

必ず事前にダウンロードしたい「東京ディズニーリゾート・アプリ」

これから久々にパークへ行きたいという方は「スタンバイパス」「エントリー受付」や、それらを利用するのに必要な「東京ディズニーリゾート・アプリ」について知っておきましょう。

まず、「スタンバイパス」や「エントリー受付」、「ディズニー・プレミアアクセス」に必要なのが「東京ディズニーリゾート・アプリ」です。

これはスマートフォン用アプリで、スタンバイパス取得やエントリー受付の登録ほか、パークのマップ、チケット購入やチケットの表示、アトラクションやレストランの待ち時間がリアルタイムで表示されたり、各施設の運営時間がわかるという便利なもの。

以前までパーク内にあったパークマップや「TODAY」が現在は配布されていないため、今ではパークを楽しむための必須アプリとなっています。

ユーザ登録も必要なので、必ず事前にダウンロードしておきましょう!

また、特に子ども連れの方にうれしいのが、トイレやベビーセンターなどもパークのマップ上に表示され、各レストランのメニューなどもチェックすることができる点。

お子(zi)(zi)様(yang)セットなど、子(zi)(zi)ども向けメニューの有無や写真付きでメニューを確(que)認(ren)できるため、子(zi)(zi)どもが食べられるメニューが分(fen)かるのも助かります。

次のページへ 人気アトラクションを体(ti)験するのに必要な「スタンバイパス」
24 件

今(jin)読まれている記事(shi)

東京ディズニーリゾートカテゴリーのランキング

コクリコのおすすめ記事

人気記事・連載ランキング
ピックアップ

『トイ・ストーリーホテル』家族全員で泊まって嬉しいポイント6選

小さなお子さん連(lian)れでも大(da)丈夫! 家族全員が楽しめる『東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル』の魅力とは

新規オープンの『東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル』に家(jia)族全員で泊まる時の嬉(xi)しい情報が満載です。お子さん向けのアメニティやサービスなどの情報をお届けします。 

もっと見(jian)る

カギは食事にあり!東京ディズニーリゾート「プライオリティ・シーティング」活用術

パークだけの「スペシャリテ」を味(wei)わう!

パークを効(xiao)率よく楽しむには「食事(shi)」の場(chang)所と時間が重要。ディズニー通は「プライオリティ・シーティング」を活(huo)用している。東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、全レストランの情(qing)報をまとめた『東京ディズニーリゾート レストランガイドブック2022』から、ディズニーファン編集部が、食事(shi)を中心にしたパークの楽しみ方(fang)と特別な逸品“スペシャリテ”を紹介

もっと見る