妊娠中のお腹の張りはなぜ起こるの? 病院に行くポイントを名専門医が語る

産婦(fu)人科(ke)医・安達(da)知子先(xian)生に聞く「妊(ren)娠中(zhong)に注意したい症状」 #2 妊(ren)娠中(zhong)のお腹(fu)の張りについて

総合母子保健センター愛育病院名誉院長:安達 知子

お腹の張りを感じたときは、すぐ病院に行ったほうがいいのでしょうか?  写真:アフロ

妊娠中に一度は「おなかが張る」と、感じたことのあるママも多いのではないでしょうか。

ただ、妊娠初期や中期にお腹が張る場合には、なんらかの異常が隠れていることも。

おなかが張る理由や、注意したいお腹の張り方、おなかが張ったときの対処法などについて、愛育病院名誉院長・産婦人科医の安達知子先生にお話を伺いました。

(全3回の2回目。1回目を読む

安達(da)知子(あだち・ともこ)
総合母子(zi)保健センター 愛育(yu)病(bing)院(yuan)名(ming)(ming)誉(yu)(yu)院(yuan)長(chang)。東京女子(zi)医科(ke)(ke)大(da)(da)(da)学(xue)(xue)客(ke)員教授。東京女子(zi)医科(ke)(ke)大(da)(da)(da)学(xue)(xue)医学(xue)(xue)部(bu)卒業後、同(tong)大(da)(da)(da)学(xue)(xue)産(chan)婦人(ren)科(ke)(ke)学(xue)(xue)教室(shi)入局(ju)。米国ジョンズ・ホプキンス大(da)(da)(da)学(xue)(xue)研究(jiu)員、東京女子(zi)医科(ke)(ke)大(da)(da)(da)学(xue)(xue)産(chan)婦人(ren)科(ke)(ke)助教授を経て、2017年より愛育(yu)病(bing)院(yuan)院(yuan)長(chang)、2022年名(ming)(ming)誉(yu)(yu)院(yuan)長(chang)に就任(ren)。日本の産(chan)科(ke)(ke)学(xue)(xue)界を担(dan)う中心的存在(zai)の一人(ren)。

妊娠初期や中期におなかが張る場合も

出産が近づくと、おなかの張る頻度が増えるのは正常な経過ですが、妊娠初期や中期におなかの張りや違和感を覚えることもあります。

妊娠12週から妊娠18週ぐらいの間ですと、子宮が大きくなって子宮を支えているじん帯などが引っ張られることや、子宮の血流による影響が原因として考えられます。

特に、子宮が後屈している人の場合、妊娠すると子宮が大きくなって前屈の方向に移動してくるため、妊娠初期から中期の初めに軽い痛みや張りのような症状が出ることもあります。

また、子(zi)宮筋(jin)腫(zhong)がある人(ren)は、筋(jin)腫(zhong)を中(zhong)心に軽い痛みやおなかの張りを感じることも。実は、子(zi)宮筋(jin)腫(zhong)は妊娠(shen)20週(zhou)まで大きくなることが知られています。子(zi)宮筋(jin)腫(zhong)が大きくなると酸(suan)素(su)や栄養がさらに必要(yao)になりますが、妊娠(shen)中(zhong)は赤ちゃんに優(you)先して酸(suan)素(su)や栄養を送るため、子(zi)宮筋(jin)腫(zhong)は血流不(bu)足(zu)から酸(suan)素(su)不(bu)足(zu)に。正座(zuo)を続(xu)けていて足(zu)先が痛くなった経験(yan)のある人(ren)も多(duo)いと思いますが、血流が悪くなって酸(suan)素(su)が足(zu)りなくなると痛みが出ます。同様のことが子(zi)宮筋(jin)腫(zhong)でも起(qi)こる場(chang)合があるのです。

子宮筋腫が妊娠中に大きくなることも

近年、高齢妊娠が増えているため、子宮筋腫がある状態で妊娠するケースも多くなっています。妊娠初期に3~4cm大だった子宮筋腫が、妊娠経過とともに大きくなって8~9cm大になることもよくあります。この大きくなった子宮筋腫によって子宮が軽く捻転することもあり、するとさらに血流が悪くなって酸素が行きにくくなり、痛みがかなり強く出るケースも。筋腫が変性、壊死を起こすと、発熱や子宮の痛みのみならず、子宮収縮が誘発されます。

まれですが、子(zi)宮(gong)内に感染(ran)が生じている場(chang)合(he)にも、おなかの張(zhang)りがみられます。おなかの張(zhang)りだけでなく、発熱の症(zheng)状がある場(chang)合(he)にはなんらかの感染(ran)が疑われます。

痛み/発熱/出血などがあれば要注意

基本的に、おなかの張りがあっても安静にして治まるものは心配ないでしょう。

しかし、おなかの張りが痛みとして感じられるぐらい強くなってくる場合には、出産が近づいている可能性があります。妊娠37週以降であれば正期産(37~41週台での出産)なので問題はありませんが、妊娠37週未満でおなかの張りと痛みが続いたり、増したりする場合は、病院に連絡しましょう。これは、妊娠22週未満の場合には「切迫流産」、妊娠22週以降37週未満の場合には「切迫早産」と呼ばれる状態です。

また、おなかの張りとともに、発熱や出血、粘り気のあるおりものが増える、トイレが近いなどの症状がある場合にも、なんらかの異常が起こっている可能性が考えられます。

特殊なケースですが、子(zi)宮(gong)頸管(guan)がゆるみやすい「頸管(guan)無力症」の場合、少しのおなかの張りで子(zi)宮(gong)口が開(kai)いて、破水してしまうこともあります。流(liu)産(chan)や早(zao)産(chan)の原因(yin)になるため、早(zao)期(qi)発(fa)見(jian)できるように妊婦(fu)健診は定期(qi)的に受(shou)けましょう。

次のページへ 出産(chan)間(jian)近のお腹の張りの原因は?
19 件

今読まれている記(ji)事

妊娠・出産カテゴリーのランキング

コクリコのおすすめ記(ji)事

人気記事・連載ランキング