妊娠初期・中期・後期の「おっぱいケア」 助産師が伝授する「授乳」しやすい乳首作り

産前(qian)産後の知(zhi)っておきたい「おっぱいケア」 #1 ~妊娠中編(bian)~ 乳首マッサージをマスターしよう

助産師:徳永 悦恵

「咲助産院」院長の徳永悦恵(とくながよしえ)先生。3児のママとして、仕事に育児に大忙しの日々を送っています。

「乳首は個人差が大きいので、産前から乳首ケアは必要です」と話すのは、『咲助産院』の徳永悦恵先生。

妊娠中は、体調が妊婦さんによって違うように、実はおっぱいの状態も大きく異なります。
産前の乳首ケアを行わずに出産を迎えると、乳首の状態がわかっていないこと、柔らかくなっていないことで、授乳で大変な思いをすることも……。

そこで、これからママになる人や出産を控えているママ、そして現在授乳中のママが知っておきたい「おっぱいケア」について徳永先生にお話しいただきました。

1回目は妊娠中のおっぱいと、乳首マッサージについてです。


(全3回の1回目)

妊娠中のおっぱいは赤ちゃんを迎える準備期間中

妊娠すると、おっぱいにはさまざまな変化が表れます。

特に初(chu)めての妊娠の場合、「これって大丈夫?」などと不安になることも。でも、「赤(chi)ちゃんを迎えるための準備」と前向きにとらえましょう。

「初めての妊娠だとなおさら、いろいろと不安だと思いますが、おっぱいケアもできるだけ前向きに明るく過ごせたら良いですよね」(徳永先生)。

妊娠初期・中期・後期で大きく変わる

妊(ren)娠初期はホルモンの変化により、おっぱいが痛くなったり、敏感になったりします。場合によっては張ってしまうこともあります。

妊娠中期(qi)になると、乳腺が発達し、おっぱいが大きくなります。母乳はまだ分泌されませんが、母乳を出す&作る準備が始まるのです。

妊娠後(hou)期は、乳(ru)(ru)首から母乳(ru)(ru)のような分(fen)泌液が出(chu)てくることがあります。片方の乳(ru)(ru)首からのときもあれば、両方の乳(ru)(ru)首から出(chu)ることも。そして、出(chu)方も個人差があり、自然と出(chu)てくることもあれば、指(zhi)で乳(ru)(ru)首やおっぱいをギュッとつまんだときにだけ、出(chu)てくるということもあります。

「妊娠中は時期によって、おっぱいに表れる変化は大きく変わってきます」(徳永先生)。

ちなみに、本当の母乳は出産後、剝がれた胎盤が体外に出て、ホルモンバランスの状態が変わってから出るようになります。

産前に乳首から出る分泌液は、透明から黄色っぽい色をしていますが、もし血が混ざっているような場合は、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

あとは大(da)きさについてですが、妊娠中に「サイズが2カップも大(da)きくなって重(zhong)い!」という妊婦(fu)さんもいれば、あまり大(da)きさと重(zhong)さに変化が見られないという人もなかにはいます。おっぱい自(zi)体(ti)に問(wen)題はありませんから、大(da)きさはあまり気にしないようにしましょう。

「おっぱいは人によってさまざま。妊娠中の変化も個人差があることをくれぐれも忘れないでくださいね」(徳永先生)。

乳首には種類と特徴がある

みなさんは自分の乳首(乳頭)がどんな形かわかりますか? 実は乳首には、いくつか種類があるんですよ。

平均的な乳首は、指などでつままなくても出っ張っています。

「陥没(mei)(mei)乳頭(tou)(tou)」の乳首は、乳首が出っ張ってなく、乳輪(lun)よりもへこんでいるもので、「真性(xing)陥没(mei)(mei)乳頭(tou)(tou)」と「仮性(xing)陥没(mei)(mei)乳頭(tou)(tou)」の2種類があります。

イラスト/山口陽菜

ちなみに、陥没乳頭の乳首だからといって、授乳が不可能というわけではありません。

妊娠前に、陥没乳頭だった人でも、妊娠中に乳首の形や出っ張り、伸び、柔らかさが変化する場合もあります。そして、妊娠中は、陥没していたにもかかわらず、赤ちゃんへの授乳を重ねていくと、乳首が出てくることも多いです。

「陥没乳頭」以外に、乳首が「長すぎ」、「短すぎ」という方もいます。

長すぎる場合、赤ちゃんが乳首の先端だけを吸うことで浅飲みになってしまうために、うまく母乳が飲めていないという事態が。乳首が柔らかければ、乳首の付け根から口に入れられ、母乳を吸わせることができます。

短すぎる場合も、乳輪から伸びてくれさえすれば、赤ちゃんは吸うことができるので問題ありません。

このように乳首の形に悩みがあっても、何か解決策(ce)が必ず見つかるもの。ママはひとりで悩まずに、心(xin)配事は助産(chan)師に相談をして、焦らずおっぱいケアを進めていきましょう。

妊娠中におすすめの乳首マッサージ

乳首のケアを始める時期については、「産んでからでもいい」、「早いほうがいい」など、意見はさまざま。

しかし、切迫早産のママや、何か疾患のあるママ以外は、妊娠中から乳首を触って、柔らかくしておくことが賢明です。なぜなら、柔らかくしておくと、授乳がスムーズになるからです。

そもそも赤ちゃんは、ママの乳首だけでなく、乳輪全体を口に含んで吸うことにより、母乳の分泌を促し、母乳がよく出るようになります。このとき、乳首が柔らかく伸び、かつ乳輪部も柔らかいと、赤ちゃんが乳首を深くくわえて吸いやすく、飲みやすくなるのです。

また、よく伸びる柔らかい乳(ru)首は、授(shou)乳(ru)による摩擦に強く、傷がつきにくくなるため、乳(ru)首トラブル予防の効果もうまれますよ。

乳首マッサージ 実践編

それでは、乳(ru)首マッサージの方法をご紹(shao)介していきます。

1.親指、人差し指、中指の3本の指を、野球のボールを持つときのようなフォームにします。

【ポイント】
利き手(shou)を使(shi)うと、マッサージがしやすいですよ。

2.乳輪と肌の間に軽く押し当てます。反対(dui)の手はおっぱいを下から支(zhi)えましょう。

3.乳輪から乳首にかけて、3本(ben)の指(zhi)で摑んだ状態のまま、前方(fang)に引(yin)っ張ります。指(zhi)は寝かせず、しっかり立てた状態で行いましょう。

4.乳(ru)(ru)(ru)首と乳(ru)(ru)(ru)頭を引(yin)っ張ったら、パッと離します。押さえる場(chang)所を変えながら、これを3~4回繰り返し、乳(ru)(ru)(ru)輪に沿って1周行いましょう。乳(ru)(ru)(ru)首と乳(ru)(ru)(ru)輪がまだ硬い、乳(ru)(ru)(ru)首の伸びが悪い場(chang)合はもう1周プラスして行いましょう。

妊娠中におすすめの「乳首マッサージ」の動画はこちら

次のページへ 次は「乳首マッサージ」を動画で紹介
33 件

今読(du)まれている記事

妊娠・出産カテゴリーのランキング

コクリコのおすすめ記事(shi)

人気記事・連載ランキング