「胎動」赤ちゃんが「動かない」のは大きな危険の可能性も? 名専門医が解説

産婦人科医・安(an)達知子に聞く「妊娠(shen)中(zhong)に注意したい症状(zhuang)」 #3 胎動の変化はなぜ起こる?

総合母子保健センター愛育病院名誉院長:安達 知子

胎動でお腹の赤ちゃんの異常が判断できるのでしょうか?  写真:アフロ

妊娠中、胎動を感じると赤ちゃんの存在をより身近に感じられ、会える日が待ち遠しくなるもの。

しかし、いつもの胎動と様子が違うことで、赤ちゃんの異常に気づけるケースもあります。胎動が示す赤ちゃんの状態と、注意したい胎動の変化について、愛育病院名誉院長・産婦人科医の安達知子先生にお話を伺いました。

(全3回の3回目。1回目を読む。2回目を読む

安達知子(あだち・ともこ)
総(zong)合母子(zi)保健センター 愛(ai)育病院名(ming)誉(yu)院長。東京(jing)女(nv)子(zi)医(yi)科(ke)(ke)大学(xue)(xue)(xue)客員教授。東京(jing)女(nv)子(zi)医(yi)科(ke)(ke)大学(xue)(xue)(xue)医(yi)学(xue)(xue)(xue)部卒業後、同(tong)大学(xue)(xue)(xue)産(chan)(chan)婦人(ren)(ren)科(ke)(ke)学(xue)(xue)(xue)教室入(ru)局(ju)。米(mi)国ジョンズ・ホプキンス大学(xue)(xue)(xue)研究員、東京(jing)女(nv)子(zi)医(yi)科(ke)(ke)大学(xue)(xue)(xue)産(chan)(chan)婦人(ren)(ren)科(ke)(ke)助(zhu)教授を経て、2017年より愛(ai)育病院院長、2022年名(ming)誉(yu)院長に就任。日本(ben)の産(chan)(chan)科(ke)(ke)学(xue)(xue)(xue)界(jie)を担う中心(xin)的存在の一人(ren)(ren)。

胎動を感じる時期は個人差が大きい

胎動を感じる時期は、だいたい妊娠18~20週ごろです。個人差が大きいため、妊娠16週から感じる人も、20週を過ぎても胎動がわからないケースもまれにあります。特に初産婦さん(初めて出産する人)の場合、胎動のイメージがつかないことも少なくありません。

妊婦健診に訪れた妊婦さんに「赤ちゃんが動くのがわかりますか?」とたずねても、「わかりません」と答えられることもしばしば。「おなかの中で腸がコポコポと動くことはありませんか?」とたずねると、「それだったらわかります!」とイメージしていた胎動とは違って驚かれることがあります。

また、胎動の感じ方も人それぞれです。ひどい便秘でおなかにガスが溜まっている場合や、お母さんが肥満である場合、胎動を感じにくくなることがあります。仕事や環境の変化など気を取られていることが多いと、赤ちゃんに注意が向かず胎動に気づかないことも。

私自身も妊娠中、仕事が忙しくてなかなか気づかず、2人目の妊娠であったのに、妊娠20週を過ぎてから「あ、胎動だ」と気づいたエピソードがあります。

このように胎動の感(gan)じ方は人それぞれなので、18~20週で胎動を感(gan)じないからおかしいということはありません。

赤ちゃんが深く眠っているときは胎動が少ない

おなかの中の赤ちゃんは「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返しながら、ずっと眠っているといわれています。レム睡眠は、大人でいえば浅い眠りで夢を見ている時で、寝言を言ったり寝返りしたりしている状態ですね。レム睡眠の時間は、胎児や新生児は大人と比べて長く、特に胎児は夜間にこの睡眠が多く、お母さんが休んで活動していない時間帯ですので、酸素をたくさんもらうことができて、神経などの形成や発達に大切なのです。

おなかの中(zhong)の赤(chi)ちゃんもレム睡(shui)眠(mian)のときによく動(dong)(dong)(dong)くので、胎(tai)動(dong)(dong)(dong)として感じやすくなります。反(fan)対に、ノンレム睡(shui)眠(mian)のときには深く眠(mian)っているため、胎(tai)動(dong)(dong)(dong)を感じにくいでしょう。レム睡(shui)眠(mian)とノンレム睡(shui)眠(mian)があることで、胎(tai)動(dong)(dong)(dong)が活発なときと静かなときがあるのです。

病気が理由で胎動が少ないケースも

胎動が少ない状態が続くときに考えられる理由としては「胎児胎盤機能不全」や「赤ちゃんの先天性筋ジストロフィーや消化管閉鎖などの異常」「羊水過多や羊水過少」などが挙げられます。

胎児胎盤機能不全は、胎盤の機能が大きく低下して赤ちゃんがしんどくなっている状態で、胎動も減ります。

また、胎児胎盤機能不全では羊水の量が減り「羊水過少」となることも。羊水は大部分が赤ちゃんの尿なのですが、赤ちゃんの状態が良くないと尿量が減って羊水も少なくなります。羊水が少なすぎると赤ちゃんが動きにくくなるため、胎動が少なくなる一因になります。

先天(tian)性筋(jin)(jin)ジストロフィーは筋(jin)(jin)肉の病(bing)気(qi)で男の子に多(duo)いのが特徴です。筋(jin)(jin)肉の病(bing)気(qi)があると、筋(jin)(jin)力そのものが弱(ruo)いため、どうしても胎(tai)動が少なくなります。また、赤ちゃんは羊(yang)水を飲んで排尿したり、吸(xi)収した水分を臍帯(dai)から胎(tai)盤を介して母体に送ったりしながら、羊(yang)水量を調(diao)節(jie)していますが、筋(jin)(jin)ジストロフィーがあると嚥(yan)下する筋(jin)(jin)力が弱(ruo)いため、また、消化(hua)管が閉鎖する異(yi)常では羊(yang)水が消化(hua)管から吸(xi)収されないために、羊(yang)水過多(duo)となり胎(tai)動を感じにくくなります。

胎動をカウントすることで異常に気づくきっかけになることも

赤ちゃんの状態を知るにはNST(ノンストレステスト:ストレスのない状態で赤ちゃんの心拍とお母さんのお腹の張りをモニターしてそのパターンで赤ちゃんの元気度をみる検査)をとるのが大事なのですが、病院でないとできない検査です。

そこでお母さんが自分でできる方法として、「10(テン)カウント法」という胎動をカウントする方法があります。10カウント法は、赤ちゃんが10回動くまでにどれぐらいの時間がかかるかを測る方法です。妊娠高血圧症候群である場合や、赤ちゃんの成長が良くない場合に、10カウント法を指導された人もいるかもしれません。

もちろん妊娠初期は胎動がわかりませんし、妊娠20週ぐらいだと1日に1回くらいしか胎動がわからない人もいます。目安として妊娠30週を過ぎたら、赤ちゃんが10回動くまでにかかる時間を一度測ってみるといいですね。

「この子は10回動くまでに30分かかるんだ」などと確認しておくことで、もし胎動が少ないと感じたときに比較できます。もし1週間後に1時間かかっていたら「赤ちゃんの状態が良くないかもしれない」と気づけるかもしれません。

今(jin)までと比べて胎動(dong)が少ないと感じたり、妊娠32~33週以降で2時(shi)間経ってもほとんど胎動(dong)がなかったりしたときには、病院(yuan)に連絡しましょう。病院(yuan)でNSTや超音波検査をすれば、赤ちゃんの状態をしっかり確認できます。

胎動が少ないときには一度横になってみる

「胎動が少ないかも」と感じたら、まずは横になってゆっくりしましょう。横になることで胎動を感じやすくなります。右向きになったり、左向きになったり、体勢を変えてみて胎動が増えるかを確認してください。胎動が少ない・感じられないままの場合には病院に連絡しましょう。

胎動の変化以外に出血やお腹の痛みなどの症状がある場合には、すぐに病院に連絡することが大切です。常位胎盤早期剝離(本来、胎児を出産した後にはがれるはずの胎盤が妊娠中にはがれる状態)などで、赤ちゃんが低酸素になっている可能性があります。

赤ちゃんの成長が遅くなっている、羊水が少ない、妊娠高血圧症候群であるなど、妊娠経過になんらかの異常がある場合に胎動の異常を感じた場合も、すぐに病院に連絡するようにしましょう。

「気のせいかもしれないけれど、連絡していいのかな?」と、病院へ連絡するのを迷ってしまうかもしれません。しかし、心配でストレスを感じるぐらいなら病院に連絡してください。

胎(tai)動の異変を感じて病院を受診することになったけれど、受診に向(xiang)かう途中で元気に動き出したというケースも実際にあります。そうなれば「異常がなくてよかったですね」となるだけなので、気にしすぎないでください。

夜間に受診する場合は入院する準備を

夜間に胎動の異常を感じて受診することになった場合、検査して異常がなくても、念のため1泊入院になることがあります。

夜間の受診では、違う医師が対応することもあるので、医療者側からも入院して朝まで様子を見たほうが安心という場合もあります。

夜(ye)間に受診(zhen)する際には、入院するつもりで来院してもらえればと思います。

日ごろから助産師と情報を共有しておくと安心

妊娠中・出産時も含めて、普段から助産師さんに心配なこと・不安なことを伝えて指導してもらうことが大切です。医師は医学的な内容をポイントポイントで助言しますが、具体的な指導が不十分なことがあります。

例えば、医師から「安静にしてください」と言われたとき「安静にするとはどうすればいいのか」「外出してはいけない程度なのか」「家で横になっておいたらいいのか」など、具体的にどうすればいいかわからないこともあるでしょう。

そんなとき、助産師さんは親身になって教えてくれるはずです。心配なこと、不安なことは妊娠中にどんどん出てくると思うので、健診のときなど助産師さんに普段から気持ちを共有してもらえればと思います。

それでもわからないこと、不安なことがある場(chang)合には、遠慮なく病院(yuan)に電話してもらってかまいません。そして、来(lai)院(yuan)することになれば、入院(yuan)の可能性があることを知(zhi)っておいてください。

─────◆─────◆─────

全3回にわたり、妊娠中に気を付けたい症状について安達先生に教えていただきました。

「個人差が大きく、95%大丈夫! 99%大丈夫! と言われていても、ごくまれになにかあるのが妊娠・出産です」と安達先生。

妊娠中の症状について知っておくことは、赤ちゃんやお母さんの命と健康を守るためにとても大切なこと。お父さんや家族とも母子のからだの情報を共有し、もしものときの対応法を話し合っておきましょう。

取材・文 広田沙織(メディペン)

妊娠中の症状は全3記事
1回目を読む。
2回目を読む。

あだち ともこ

安達 知子

Adachi Tomoko
総合母子保健センター 愛育病院 名誉院長

総合母子保健センター 愛育病(bing)院名(ming)誉院長。東京(jing)女(nv)子医科(ke)大(da)(da)学客員教授。 東京(jing)女(nv)子医科(ke)大(da)(da)学医学部(bu)卒業後、同大(da)(da)学産(chan)婦(fu)人科(ke)学教室入局。米国ジョ...

めでぃぺん

メディペン

medipen
医療ライターズ事務所

医(yi)療(liao)ライターズ事務所。 看護(hu)師(shi)、管理栄養(yang)士、薬剤師(shi)など、有(you)医(yi)資格者のライターが在(zai)籍。 エビデンスに基(ji)づいた医(yi)療(liao)記事を得意とするほか...

安達 知子(zi)さんのおすすめ記事

メディペンさんのおすすめ記事

今読まれている記事

妊娠・出産カテゴリーのランキング

コクリコのおすすめ記事

人気記事・連載ランキング