ざんねんないきものシリーズの動物学者が語る「オコジョ」実はイタチの仲間!?

動物(wu)学者・今(jin)泉忠明先生に聞く「おどろきのいきもの」第14回

動物学者:今泉 忠明

写真/iStock
世界には、とっても不思議な生き物がたくさん! 「ざんねんないきもの」シリーズの監修もされておられる動物学者の今泉忠明先生に、生き物の驚きの特徴や習性を教えていただきました。

今回の動物は、「オコジョ」。その不思議な見た目や得意技を紹介します!

オコジョってどんな生き物?

・イタチの仲間

・涼しいところに住んでいる

・小さな動物や昆虫を食べる

・ペットで飼うことは禁止されている


全長:約30cm
生息地:日本、ユーラシア、北アメリカ

【驚きポイント①】 真っ白の姿は冬の時期だけ!

写真/iStock
毛(mao)が生え変(bian)わる「換毛(mao)期(qi)」は1年に2回。

真っ白なのは冬だけで、夏には頭と背中の毛が茶色に変わります。尻尾の先は一年中黒いまま!

【驚きポイント②】 動きがとっても活発!

写真/iStock
動きが速い獲(huo)物(wu)も、狭い隙間にいる獲(huo)物(wu)も、簡単に捕まえちゃいます。

木登りや泳ぎが得意で、昼も夜も活発に動き回ります!

【驚きポイント③】 後ろ足だけで立ち上がる!

写真/iStock
立ち上がって獲(huo)物や敵がいないかチェック!

自分よりも大きな獲物を捕まえて食べることも!
不思議な見た目や技を持った生き物は、他にもいっぱい!

ぜひ、動物園に観察に行ってみてください。

監修/今泉忠(zhong)明 イラスト/下間(jian)文恵 構成/富岡ゆかこ

いまいずみ ただあき

今泉 忠明

Imaizumi Tadaaki
動物学者 日本動物科学研究所 所長

1944年生(sheng)まれ。ほ乳動(dong)物(wu)(wu)学(xue)(xue)者(zhe)。東京水産大(da)学(xue)(xue)卒業後、国立科(ke)学(xue)(xue)博物(wu)(wu)館でほ乳類の分類を学(xue)(xue)ぶ。現在、静岡県伊東市にある「ねこの博物(wu)(wu)館」館長。...