永瀬廉(King & Prince)が小学生に語る映画『法廷遊戯』と「夢の叶え方」!意外な「推し」も明らかに

Ane♡ひめvol.15掲載スペシャルインタビュー

ライター:小川 聖子

撮影/女鹿成二
歌やダンスとともに、俳優としても映画・ドラマと幅広く大活躍中のKing & Prince・永瀬廉さん。

2023年11月10日公開の映画『法廷遊戯』では、法律家を目指す学生たちの模擬裁判〈無辜ゲーム〉で起こった悲劇に翻弄される弁護士・久我清義役で主演をつとめます。

JSからも「朝ドラを見てから、ママと一緒にハマってます!」「クールそうなのに、たまに関西弁なのがおもしろい!」「歌もダンスもできてカッコいいし、話し方がやさしいところが好き」と大人気!

Ane♡ひめvol.15では「JSの推し」として、永瀬廉さんのスペシャルインタビューを掲載。今回は特別にその内容をご紹介しちゃいます♪ 主演映画『法廷遊戯』についてや、「推し」についてたっぷりお話しくださいました!

「弁護士」という仕事が少しだけわかるかも?

──主演映画『法廷(ting)遊戯』のことを教えてください!

永瀬さん:僕が主演する映画『法廷遊戯』は、法律に関わる人たちがたくさん出てくるお話です。

小学生のみんなには、将来の夢や、なりたい職業がたくさんあると思うけど、その中で「弁護士」が気になっている人は、仕事のことがいろいろわかるかも。

弁護士になるには、ものすごくたくさん勉強して、難しい試験にも合格しないといけない。弁護士になってからも大変で、僕にはムリだなと思っちゃった(笑)! でもだからこそ、改めて尊敬しました。

この物語は、「正義」をテーマにしているんだけど、出てくる人たちはそれぞれが考えて違う決断をします。みんなが共感できるかはわからないけど、その人の立場だったらと考えると寄りそえることもあるんじゃないかな、と思います。

おもしろい作品なので、見てくれたらうれしいです。
──永瀬(lai)さんに「推し」はいますか?

永瀬さん:ええ~!? どうだろう。僕、ゲームがすごく好きなので、ゲーム実況者さんのキヨ。さんかな。

その人のハイテンションな実況をけっこう見ています。あとは『ポケモン』のランクマッチの実況も! テラスタルしたりして、たのしいよ!

※「テラスタル」とはポケモンを結晶化させ宝石のように輝かせて強化させることです。
──憧れの存在に近づくには、どうしたらいいと思いますか?

永瀬さん:その人のことをとにかくよく見ることじゃないかな?

僕も小さいころ、カッコいいなと思っている友だちのことをよく見ていたら、仕草とか雰囲気もだんだんその子に似てきて……。

好きな気持ちがあるだけで、いい影響を受けられると思うよ!
──カッコいいとか素敵だと思(si)うのはどんな人?

永瀬さん:子どものころは、不良っぽい雰囲気に憧れて、ズボンを下げてはく「腰パン」をしているときもあったよ。

でも今はまっとうに生きている人がカッコいいと思う。あと、食(shi)べものの好ききらいがない人のほうが、みんなとつきあいやすくていいよね。

──いま、ハマっているのは?

永瀬さん洋服のことを調べること。身だしなみは大切だから、みんなもいくつになっても清潔(jie)感のある、素敵なおしゃれをしてほしいと思います。

僕のおしゃれのモットーは……「きれいめ」です!
永瀬廉(ながせれん)
1999年1月23日生まれ。東京都出身。King & Princeのメンバー。5枚目のアルバム『ピース』が発売中。俳優としても活躍し、主演映画『法廷遊戯』が2023年11月10日より公開。
撮影/女鹿成二
スタイリング/丹ちひろ・横田勝広(ともにYKP)
ヘアメイク/KAZUOMI(LOTUS)
撮影協力/アワビーズ
シャツ/CULLNI(Sian PR)

写真たっぷりのインタビュー掲載! 「Ane♡ひめvol.15」発売中♪

Ane♡ひめvol.15
発売日:2023/9/28
定価:1320円(税込)
●掲載情報は2023年9月28日発売のAne♡ひめvol.15のものです。
おがわ せいこ

小川 聖子

Seiko Ogawa

東(dong)京都(dou)出身。アパレル系(xi)(xi)企(qi)業に勤(qin)務(wu)したのちライターに。雑誌やWeb系(xi)(xi)メディアにてファッション関連記事(shi)や人物インタビュー、読(du)み物記事(shi)の構成...

インタビュー

22歳トラック運(yun)転(zhuan)手「トラックめいめい」と絵本画家まるはまが語る「トラック」その奥深(shen)い世界

女優・杏「ベルばら」「ブッダ」…子ども時代の読書と子育て 映画(hua)『窓ぎわのトットちゃん』はママ役で出(chu)演

女優・杏「子(zi)育ては学ぶことだらけ」映(ying)画『窓(chuan)ぎわのトットちゃん』出演 黒柳徹子(zi)さんはトットちゃんそのもの 

DAIGO「お釈迦様(yang)と同じ誕生日」背中を押してくれた母の言葉

DAIGOがシルバニア声優に初挑(tiao)戦! 娘(niang)の「推し」ハスキーの「ブルース」は「海(hai)の男」渾身の演技は「屈強」

5歳になった「ののちゃん」村方乃(nai)々佳ちゃんが映(ying)画「シルバニアファミリー」で声(sheng)優初挑戦(zhan)! 撮りおろし写真&インタビュー