2024年大河ドラマ『光る君へ』吉高由里子さん演じる紫式部の百人一首とは?

「5文(wen)字で表す百人一(yi)首」その1・紫式(shi)部編

2024年のNHK大河ドラマ『光(guang)る君へ』が1月からスタート! 今回の舞台は平安時代。「源氏物語」で知られる紫式部が懸命に生きて書いて愛した、その人生が描かれます。

次々情報が解禁され期待が膨らむ中、Ane♡ひめ.netでは、紫式部をはじめ主要キャストが詠んだ歌を書籍『5文字で百人一首(shou)』からご紹介します!

この書籍は、百人一首をくすりと笑える現代風の「5文(wen)字」にしてみたもの。ゆるく楽しく学べる新たな百人一首の教養本になっているので、和歌がはじめての方にもおすすめの一冊です。

今回は、吉高由里(li)子(zi)さん演じる紫式(shi)部の歌をご紹介!

百人一首 第57首

めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに
雲がくれにし 夜半の月かな

紫式部

5文字に表すと?

もう帰るの

訳と解説

久しぶりに会って、見えたのが本当にあなたかも分からないうちに、
雲に隠れる夜中の月のようにあっさり帰ってしまったのね


久しぶりに会った幼なじみが、すぐ帰ってしまったので詠んだ歌。本人かどうかを確かめる暇もなかったようです。その慌ただしさを、雲に隠れて一瞬で見えなくなる夜中の月にたとえています。

雲隠れにはえらい人が死ぬという意味もありますが、ここでは単に帰っただけ。

紫式部は、「源氏物語」の作者として世界的に有名です。書かれた当時から大人気で、多くの歌人が影響を受けました。

紫式部の「紫」は「源氏物語」の登場人物の紫の上から、「式部」はおそらく父親の役職からとられています。
詠んだ歌を知ることで、登場人物の言葉や行動に対する印象が変わってくるかもしれませんね。放送を楽しみしつつ、我々もさらに学びを深めて参ります!

NHK大河ドラマ『光る君へ』は2024年1月より放(fang)送予定です!

『5文字で百人一首』をもっと知りたい方はこちら

「5文字で百人一首」
著・イラスト:すとうけんたろう
発売日:2021年5月27日
価格:1430円(税込)

たくさんの四字熟語をスッキリ5文字にした『5文字で四字熟語』、好評発売中!

四字熟語をすべて5文字にしてみたら……!? ニュースや新聞でよく使われる、知っておきたい四字熟語がくすりと笑える「5文字」にしました!
「5文字で四字熟語」
著・イラスト:すとうけんたろう
発売日:2022年6月1日
価格:1430円(税込)